3件規制とは?

消費者金融連絡会では「3件規制」をルールとして決めている。3件規制とは他社利用が3件以内とする自主規制です。
それでは、すでに3社から借りれしている人はが新たな借り入れを申し込んだ場合はどうなるかというと、審査の上融資する事は可能となっている。しかし4社から借り入れしている人であれば融資はしないとなている。
しかし、これはあくまでも紳士協定ということですので望みは捨てる必要はありません。

例えば、5社と契約していても、現在進行形で3社利用中であれば解釈上はOKです。しかし、これも全社一律の決まりというわけではありません。
例えば、目安として 下のような感じになっています。

大手消費者金融    <   3社まで
準大手消費者金融   <   3〜5社まで
中堅消費者金融    <   5〜9社まで
街金           <   10社
ヤミ金          <    ∞ 

街金、ヤミ金は問題外としても 案外幅のあるものです。

消費者金融はなぜ借り入れ件数を重要視するのか?

各社の利用限度額は、ほぼ横並びのため借り入れ件数を押さえる方が利用総額を把握するよりも取りも判りやすいのと扱いの融通性がきくということがあります。

では、なぜ健康保険証が重要視されるか、それは種類によって職業が特定しやすいという事もありあすが、昔 消費者金融が利用者の債務状況を保険証の四隅に穴を開けることによって把握していたことに起因しているようです。

ということから、健康保険証、借り入れ件数が消費者金融でのお金を借りる時の重要事項ということになります。

2〜3社に借り入れのある方は
3〜4社に借り入れのある方は
5社以上から借り入れのある方は